ホーム情報提供医療情報レポート> 地方創生における医療・介護の役割 〜MMPG創設30周年記念第十四回公開シンポジウム〜

医療情報レポート
価格:1,000円(税別、送料込)

購入申込
Vol. 116 2015年12月発行
地方創生における医療・介護の役割 〜MMPG創設30周年記念第十四回公開シンポジウム〜

[ごあいさつ]MMPG理事長 川原 丈貴

Part1[第十四回公開シンポジウム]

【基調講演】
元総務大臣、株式会社野村総合研究所 顧問 増田 寛也氏
東京圏の高齢化を見据え 少子化対策と地方の活性化を

【シンポジウム】
地域創生のカギは「若者」 活躍の場として医療・介護を

プレゼンテーション(1)
座長/医療経済フォーラム・ジャパン 会長、医療経済研究機構 所長 西村 周三氏
医療・介護のイノベーションが人材確保と地域活性化につながる

プレゼンテーション(2)
千葉大学予防医学センター 社会予防医学研究部門社会予防医学分野 教授 近藤 克則氏
「医療のある介護」を掲げ ニーズに応えて高齢者を支援

プレゼンテーション(3)
日本医師会 常任理事 鈴木 邦彦氏
中小病院は地域と運命共同体 医療・介護が地域創生の核に

プレゼンテーション(4)
国際医療福祉大学大学院 医療経営管理分野 教授 高橋 泰氏
大都市部の介護クライシスを回避するため「地方移住」を

プレゼンテーション(5)
内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部 地方創生総括官 山崎 史郎氏
高齢化の最終的な解決は少子化問題の克服にある

ディスカッション
すべての根本には少子化問題 それを踏まえて高齢化対応の講論を

Part2[MMPG30年のあゆみ]

「MMPGの語り部」記者が見たMMPGの30年

医療情報レポートINDEXへ

▲このページの先頭へ戻る