ホーム情報提供医療情報レポート> 医療介護総合確保推進法のポイントと医療機関の対応策を探る

医療情報レポート
価格:1,000円(税別、送料込)

購入申込
Vol. 113 2014年11月発行
医療介護総合確保推進法のポイントと医療機関の対応策を探る

Part1[概論]
医療介護総合確保推進法の概要
機能分化と連携を目標に置いた医療と介護の包括的な法整備
/「最新医療経営 フェイズ・スリー」編集部

Part2[オピニオン]
●オピニオン1 地域医療ビジョンと地域の姿
それぞれの地域特性を踏まえた地域医療構想の構築が不可欠
/国際医療福祉大学大学院教授 高橋 泰 氏

●オピニオン2 医療法人制度改革
持分なし医療法人への移行 新制度でも見通しは不透明
/片山総合法律事務所 所長 片山 卓朗 氏

●オピニオン3 「新たな基金」と医師会の役割
地方行政と都道府県医師会が同じ方向を見てこそ生きる「新たな基金」
/公益社団法人日本医師会 常任理事 釜萢 敏 氏

●オピニオン4 介護保険制度改革
無駄な供給の掘り起こし防ぐにはケアマネジャーのモラルが重要に
/淑徳大学総合福祉学部 教授 結城 康博 氏

医療情報レポートINDEXへ

▲このページの先頭へ戻る