ホームMMPGについて > 研修活動

研修活動

MMPGの中核的な活動は研修にあります。これは全国規模での均質、かつ高度なコンサルテーション能力を保持するためには欠かせないものであり、その資質のさらなる向上を目指して日夜活発なる研修活動を展開しております。

具体的には、本部主催による「定例研修会」を年2回開催するのをはじめ、各地域会、支部主催のセミナー、また本部による会員事務所の職員研修セミナー等、地域性や実務経験の深浅を多重的に網羅した内容となっております。その総研修時間数は年間500時間を超え、医業経営サポートのためのノウハウを会員に対し提供し続けております。また、インターネットを活用した『M-LANS(MMPG研修システム)』を構築し、平成17年より全国の会員に研修を配信しております。

国内の実績


  海外の実績はこちら
第146回定例研修会 H29.04.28 2025年を見据えた病院経営のあり方
医療法等改正による今後の行方~認定医療法人制度、地域医療連携推進法人制度について~
第143回定例研修会 H28.07.14 これからの医療・介護連携のあり方~今次診療報酬改定の影響と2018年度ダブル改定を見据えて~
地域活性化のために医療機関が果たすべき役割とは~高齢者が安心して暮らせる地域づくりを目指して~
第142回定例研修会 H28.04.22 最大で最強の地域包括ケア病棟~平成28年度診療報酬改定の影響を踏まえて~
わが国の社会保障制度の現状と課題
第139回定例研修会 H27.07.17 持続可能な社会保障制度のあり方
地域医療構想の行方
~ガイドラインに見るポイントと地域医療提供体制に及ぼす影響~
医療介護改革
~何がどう変わるか~
第137回定例研修会 H27.01.24 社会保障・税一体改革の変遷と医療機関経営
地域包括ケアシステムにおける医療介護連携の在り方
~ナショナルデータベースを活用した医療計画の策定~
改正医療法に対応した医療機関経営とは
第135回定例研修会 H26.07.03 医療機関に影響を与える税制問題について
医療機器に関する薬事法改正が医療に与える影響
第133回定例研修会 H26.01.24 『社会保障・税一体改革』と医療機関経営のゆくえ
平成26年度診療報酬改定で予想される医療への影響
プライマリ・ケアの強化
~持続可能な国力の基盤として~
第129回定例研修会 H25.01.25 2013年の医療・福祉界をいかに見据えるべきか
社会保障・税一体改革関連法案がもたらす医療への影響と課題
地域包括ケアシステム体制とあるべき地域連携
第127回定例研修会 H24.07.13 地域包括ケアと今後の医療・福祉経営のあり方
石巻医療圏における東日本大震災への対応
~宮城県災害医療コーディネーターとして
第125回定例研修会 H24.01.27 2012年の医療・福祉界をいかに見据えるべきか
超高齢化社会を見据えた医療提供体制のあるべき姿
~社会保障・税一体改革が意味するもの~
医療制度改革と診療報酬・薬価制度の方向性
ダブル改定から予測される影響と医療機関経営における対応策
第123回定例研修会 H23.07.15 21世紀型社会保障の実現に向けて
~セーフティネット機能の維持と社会経済との調和を考える~
これからの社会保障制度を支える在宅医療の在り方
~新たな地域包括ケアシステムについて~
医療機関のリスクマネジメントを考える
~大震災から得た教訓を未来に継承する~
第121回定例研修会 H23.01.28 2011年の医療・福祉界をいかに見据えるべきか
これからの病院経営戦略 ~真の地域連携の姿とは~
地域医療の課題とこれからの医業経営戦略
24時間地域ケアを可能とする医療・介護連携の姿を探る
第119回定例研修会 H22.07.16 経営的視点から見た機能分化と連携
~中規模 脳・神経疾患専門病院としての取り組み~
総合医制度は何故必要なのか
~超高齢社会の到来で変革迫られる開業医のあり方~
本来の役割に立ちかえることから無限の可能性へ
~脱施設・連携強化で在宅医療の拡充を~
第117回定例研修会 H22.01.14 2010年の医療界をいかに見据えるべきか
~MMPGの本年度活動方針発表~
総合医体制の整備と推進
英国家庭医制度がわが国に示唆するもの
~MMPG海外研修レポート~
病院再生への途を模索する
第115回定例研修会 H21.07.17 新設急性期病院収支改善事例
~ベテラン事務長が語るこれからの急性期病院の経営ノウハウ~
岐路に立つ療養病床
~生き残りへの道とその後の経営戦略~
マスコミからみた医療政策の行方
第113回定例研修会 H21.01.22 激動の医療界の先行きを読む
少子・高齢化社会における医療制度はいかに確立されるべきか
2009年の医療界を予測する(経営的視点から)
医療・福祉界を見据えたMMPGの本年度活動方針
第111回定例研修会 H20.07.19 医療制度改革を見据えたこれからの医療経営と課題
超高齢化社会におけるこれからの老人保健施設の役割
~平成21年度介護報酬改定を踏まえて~
後期高齢者医療制度から読み取る診療所経営の未来戦略
第109回定例研修会 H20.01.17 2008年、医療・福祉界のためにMMPGがなすべきこと
起死回生となるか 2008年の医療界を予測する
~医療を巡る諸制度改革の行方と医業経営の先行き
マスコミの目から見たわが国社会保障政策の行方
~日本は少子・高齢化社会を乗り切ることができるのか
介護サービスを中心とした福祉経営の先行きを展望する
~医療制度改革は福祉経営に何をもたらすか
第107回定例研修会 H19.07.20 マスコミの視点から見たわが国医療制度改革の現状とその帰着点
社会保障制度としての医療をいかに維持していくべきか
~わが国医療制度改悪を概観する
日本医師会が期待する開業医の将来像
第105回定例研修会 H19.01.19 我が国の社会保障制度のあるべき姿
医療法人会計の基準の動向と実務対応
医療法人制度改革後の税務の取り扱いと留意点
第103回定例研修会 H18.07.14 医療制度改革の流れと今後
どうなる中小一般病院!~診療報酬改定、第五次医療法改正の影響
どうする療養病床!永生病院の起死回生戦略
第101回定例研修会 H18.01.20 激動の医療界の先行きを読む
介護報酬改定にみる介護ビジネスの将来方向と経営対応
第五次医療法改正が医療界に及ぼす影響と課題
第100回定例研修会
共催:医療経済
フォーラム・ジャパン
第4回公開シンポジウム
H17.10.20 診療報酬・介護報酬改定の行方
第98回定例研修会 H17.01.20 平成18年医療・介護制度改革が医業経営に及ぼす影響
~医業経営激変の状況分析と勝利の方程式を探る~
坂出市立病院 閉院勧告から超優良病院までの軌跡とその後
~率先垂範による抜本的経営改善事例~
社会保険病院に見る経営改善の現状と将来展望
~進む保険者病院としての積極的取組み事例
第96回定例研修会 H16.07.22 診療報酬包括時代のコスト管理
~DPC拡大、療養病床への包括制度導入に備えて
病院会計準則の基本的考え方と適用準備
医療過誤訴訟の実態と経営対応
第94回定例研修会 H16.01.15 医療法人制度を巡る改革の方向性とその対応策
21世紀第一四半期における 医療提供体制の変革とその帰着点
平成16年診療報酬改定の方向性と経営対応
第92回定例研修会 H15.07.10 病床区分後を見据えた 新たな医療提供体制のあり方
病床区分後を見据えた急性期病院の経営戦略
病院編成を戦略的に考える
第90回定例研修会 H15.01.16 医業経営の質の向上と効率化
急性期病院としての最後の生き残り戦略
わが国ヘルスケアシステムの展望
第89回定例研修会 H14.10.17 新たな体系での医療機能評価の受審と情報開示
クリニカルパスによる効率化と質の担保
安全な医療の推進~リスクマネジメントの視点から
第88回定例研修会 H14.07.11 医療制度改革下におけるこれからの一般病床戦略
療養病床生き残り戦略としての回復期リハ病棟
医療制度改革下の多角化戦略
第86回定例研修会 H14.01.25 コンサルタントの視点から見た21世紀型医業経営のあり方
神尾記念病院が実践する優勝組へのマネジメント・パスポート
日本経済の先行きと社会保障制度としての医療制度改革の帰着点
医療制度改革と診療報酬改定の方向性
第84回定例研修会 H13.07.13 医療か介護か、平成15年8月を見据えたこれからの療養病床戦略
医療・介護複合化戦略のインパクト 経営数値に見る介護保険導入後
平成13年度MMPG海外定例研修会報告 マネジドケアの現状と米国急性期に学ぶ一般病床経営戦略
自治体病院の経営改善事例と今後の方向性
第82回定例研修会 H13.04.13 生き残りを賭けた中小民間病院の急性期経営戦略
病床区分後を睨んだこれからの療養病棟戦略
医療・保険制度改革後の医業経営
第81回定例研修会 H13.01.19 中小病院の視点から見た医療制度改革の行方
競争原理の導入と医業経営
支払者側の視点から見た医療保険制度改革の行方
第80回定例研修会 H12.10.20 平成12年度海外定例研修会報告 ~ドイツ・スウェーデンの医療・福祉事情~
民間初の地域医療支援病院をめざして
療養病床の行方、当院の慢性期医療ならびに介護保険戦略
米国マネジドケアにみる我が国医療制度の行方
第77回定例研修会 H12.04.14 規制緩和が医業経営に与える影響
平成12年度診療報酬改定にみるこれからの病・医院経営
急性期病院の勝ち残り経営戦略 ~医療の質の向上(MQI)活動について~
医療・保険・介護制度大改革をどう乗り切るか!
第76回定例研修会 H12.01.21 21世紀の医療・福祉界を展望 ~医療・福祉複合の時代へ~
21世紀の経済展望 ~世界経済と日本経済の未来像~
事例1 医療・福祉の複合化による21世紀型病院戦略
事例2 急性期医療を主眼とした機能多角化戦略
第75回定例研修会 H11.10.15 米・豪DRG運用システムの比較と我が国が学ぶべきポイント
21世紀の我が国病院機能のあり方を再整理する
介護報酬体系の全容と医療機関の経営対応
第73回定例研修会 H11.07.09 経営的視点から見た療養型病床群医療型・介護型の病床配分
介護保健施行を直前に控えた病院、老健の経営対応
急慢分離を図りながら実現した当院の医療サービス向上策
第72回定例研修会 H11.04.16 21世紀型統合ヘルスシステムの構築に取り組む民間病院
医療機関はいかに福祉マーケットを経営に取り組むべきか
中小病院の経営指針決断を迫る第四次医療法改正の概要
第71回定例研修会 H11.01.22 21世紀の医療と医業経営
介護保険制度のポイント ~ケアマネジャーの役割とその重要性~
21世紀への展望 ~民間病院が今なすべきことは~
高齢・少子社会を見据えた医療供給体制の近未来像
保険者機能強化に向けての健保連の将来ビジョン
介護保険制度のポイントⅡ ~介護報酬体系の行方と将来像~
第70回定例研修会 H10.10.16 米国医療事情にみる我が国医療の近未来像
高齢化する日本経済 ~21世紀への展望~
21世紀の扉を開く医療ビッグバン
日本版DRG/PPSの行方と将来性
介護保険制度を睨んだ訪問看護ステーション事業の展開
第三次医療法改正に伴う医療法人の事業多角化戦略
第68回定例研修会 H10.07.10 "聖路加の決断"新しい人事評価制度の導入成果
成功する医療ニュービジネスとその実状
インターナル・マーケティングとその効果的な取組手法
当院におけるクリティカル・パス法を活用した看護業務改善
日本版DRG導入を見通した急性期病院の経営戦略
第67回定例研修会 H10.04.17 療養型病床群への全転換に踏み切った病院のサバイバル戦略事例
急増する医療・医事の訴訟問題と医療機関の対応策
療養型病床群転換における問題点と効率的転換方法
我が国の医療・福祉ビッグバンを探求する
介護保険創設を目前にした有床診の具体的経営対応
第66回定例研修会 H10.01.23 介護保険・介護システムの全容と医療・福祉施設の具体的役割・機能
本格化する医薬分業の具体的経営対応実務
財政構造改革が医療諸制度改革に及ぼす影響と改革の将来見通し
制度改革下における今次診療報酬改定の位置付けと今後の方向性
大変革を迫られる21世紀初頭までの医療・福祉界の経営対応を総括する
第65回定例研修会 H09.10.17 平均在院日数短縮の実践ポイントと効果的な部門別管理の進め方
21世紀を踏まえた我が国の医療保険制度の在り方
健保法改正後の診療所における老人医療・福祉戦略
米国における先進医療システムの理解と医療ビジネス
健保法改正に対する具体的対応実務
第63回定例研修会 H09.07.11 米国医療の実態(含DRGの現状)と我が国医療の歩む道
医療保険制度改革の全容と介護保険の位置づけ
平均在院日数の短縮を実現した具体的経営対応事例
急性期病院におけるケアミックスの経営改善事例
特別養護老人ホームの運営と経営実態
第62回定例研修会 H09.04.18 福祉側から見た介護保険・介護システムの具体的対応策
苦境を乗り越え療養型を核にした施設類型化の成功事例
行革の進展と21世紀の社会保障制度の実像を読む
今次診療報酬改定が及ぼす影響と今後の民間病院の役割と方向性
今次診療報酬改定への中小病院の経営対応実務
第61回定例研修会 H09.01.24 今後の病院機能評価の実践と経営改善
ターミナルケアを基本とした全人的医療の実践事例
医療法人制度の改正を読む -特別医療法人等の性格・課題とその対応-
今後の診療報酬体系の方向づけ
制度改革をめぐる病医院の影響と対応策 
第60回定例研修会 H08.10.18 3年後の悪性インフレが医業経営に及ぼす影響-21世紀に向かっての景況をよむ-
経営合理化を実現する給食外注の進め方
ドイツ、デンマークにみる介護保険、介護システム及び介護サービスの実態検証と将来像
介護保険、介護システム導入による保険制度改革の全体像

海外の実績

2015年 欧州(ドイツ、スイス)
2013年 欧州(オランダ、デンマーク)
2011年 欧州(フランス)
2009年 欧州(イギリス、ドイツ)
2007年 韓国(日本医業経営コンサルタント協会共催)
2001年 米国(シカゴ、ロサンゼルス)
2000年 欧州(ドイツ、スウェーデン)
1999年 豪州(ブリスベーン、シドニー)
1998年 米国(サンフランシスコ)
1997年 米国(ロサンゼルス、サンフランシスコ)
1996年 欧州(ドイツ、デンマーク)
1995年 欧州(ドイツ、イタリア、フランス)
1993年 豪州(シドニー、ブリスベーン)
1991年 中国(上海市人民政府よりの公式招請による)
1991年 タイ、インドネシア
1991年 米国(ワシントンD.C.、シカゴ、ニューヨーク)
1990年 欧州(ドイツ、フランス)
1990年 韓国(ソウル)
1989年 米国(ホノルル)
1989年 米国(ロサンゼルス、ホノルル)
1988年 米国(ワシントンD.C.)
1987年 欧州(英国、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン)
1987年 米国、カナダ(ワシントンD.C.、ダラス、トロント)
1986年 欧州(西ドイツ、フランス、イタリア)
1985年 米国(ニューヨーク、シカゴ、ワシントンD.C.)

▲このページの先頭へ戻る