ホームMMPGについて > 研究会活動

研究会活動

MMPGでは研究会を設置し、その実践機関であるMMPG医療・福祉・介護経営研究所にて研究活動を行っています。MMPGの核となる活動は研究会にあり、MMPG会員事務所の発展、ひいては医療・福祉界の健全発展を支援できるよう取り組んでいます。

それぞれの分野における研究の成果物を共有してMMPG会員事務所職員のレベルアップを図ることにより、顧問先に対する高付加価値サービスの提供を可能にしています。また、全国の診療所の約10パーセントをクライアントに持つMMPGの特性を活かした各種データベースの構築や、医療制度及び税制改正に関する要望書を関係省庁に提出する等の政策提言も積極的に行っています。

研究会

制度政策研究室  制度政策研究室では、医療制度や医療法人を取り巻く環境の変化に関する話題に対して、スピーディーに情報提供を行っています。様々な形態の医療法人をクライアントに持つ会員事務所に対応し、基金拠出型法人、医療法人の承継、医業承継に関する判例、グループ法人税制等、多岐に渡るテーマの研修会及び出版事業を展開。関係省庁の通知・告示・通達等の情報を迅速に入手し、研究会にて内容を咀嚼し、実務での実践ポイントについて研修会を開催しています。研修会で理論的な情報提供を行うと同時に、マニュアルやシミュレーションツールの提供により、効果的なコンサルテーションに繋がるようバックアップしております。
 また、会員からのニーズに応え、公益法人研究部会を設置。医師会・歯科医師会・薬剤師会・財団立病院にターゲットに絞り、公益法人制度改革に伴う内容並びに判断基準等について研究し、期限内に円滑に認定・許可の移行申請がなされるよう活動を行っています。公益法人に関する基礎的な研修に加え、公益法人制度改革に直接関与している講師を招いた情報交換会を開催しています。
税制会計研究室  税制会計研究室では、税制改正をはじめとしたトピックスな話題に関する研修会の開催や書籍等の出版事業を展開。一般企業に比べ複雑難解である医療機関及び介護・福祉施設に関連する会計・税務について研究し、会員事務所のニーズに応じた情報提供から個別の相談にまで対応しています。
 また、会員事務所が関与する全国の医療機関(法人・個人を含む病院、診療所)の税務に関する事例を収集し、分析・分類・解析を経て、約千件にも及ぶ事例集を作成。税務に関する専門家である税理士としての真価が問われる、税務に関する対応をサポートしています。
病院経営研究室  病院経営研究室では、病院を取り巻く環境の変化に迅速に対応し、会計事務所ならではの視点から情報提供が行えるよう研究活動に取り組んでいます。
 各界のスペシャリストを講師に招いた研修会の開催や、ベンチマークされる医療機関を見学し情報交換を行う実地研修等を開催。その他、療養病床転換に関する研究や地域連携、コスト管理、人事労務といった病院経営の課題について掘り下げた研修会を実施しています。
診療所経営研究室  診療所経営研究室では、法改正や関係省庁の通達等への対応、経営リスクマネジメント・人事労務に至るまでトピックスを取上げ、情報を提供しています。診療報酬改定時には、その内容のみならず改定による診療収入影響度調査を実施しています。
 また、全国規模の組織ならではのデータベース構築を行っており、経営の判断材料となる指標として、財務・診療報酬・給与データベースの3つを保有しています。毎年、分析指標を更新し、これらを基に会員の会計事務所は独自の経営分析やコンサルティングを行うことが出来ます。
 会員から寄せられる情報や事例の共有、工夫事例の収集出版など、多岐に亘る内容を会員にフィードバックすることで、情報提供だけではなくその先の経営戦略をも視野に入れた活動を行っています。
 さらに診療所経営に付随する相続や承継に対応すべく、診療所承継支援研究部会を設置。全国規模の特性を生かし、会員事務所に対して承継案件の情報を迅速に伝える「診療所承継マッチング支援システム」を構築。この他、承継を考えるドクターに向けた「承継支援ツール」の開発や承継に関する情報共有としての事例収集を行っています。
 また他に調剤薬局研究部会を設置し、調剤薬局に関する情報提供のほか、調剤薬局開設シミュレーションソフトの開発等の活動を行っています。
歯科経営研究室  歯科経営研究室では豊富なデータや事例を取り揃え、会計事務所だからこそ可能な経営コンサルティングの装備を目的として活動しています。会員事務所を通して歯科医院に最新の情報提供が出来る体制の構築やドクターに喜ばれるツール開発、歯科監査担当者養成マニュアルの制作、診療報酬・財務・給与データベースの構築等、その活動は多岐に渡ります。
 また、歯科コンサルティングのスペシャリストを講師に招いた講座を展開し、会員事務所の担当者が適切なアドバイスを行い、ドクターと共に医院経営を考えることを目指して、“増患マーケティング”“自費率向上対策”“診療効率化”“アポイント管理”等の経営支援に役立つ教育プログラムを実践しています。
福祉経営研究室  福祉経営研究室では、社会福祉法人の新会計基準といった福祉界の最新動向を把握するため、各省庁の検討委員を招いた研修会の開催により有益な情報をいち早く提供しています。さらに、具体的なサポートを網羅したマニュアルの提供等により、福祉施設の会計指導・経営助言の強化を図っています。
 また毎年、会員事務所の協力のもとで社会福祉施設から財務諸表を収集し、全国の社会福祉施設の動向を財務面から分析した研修会を開催しています。収集された財務諸表のデータは平均値としてツールに組み込み、顧問先福祉施設の経営分析に役立てています。
介護サービス研究室  介護サービス研究室では、高齢者の住まいやリハビリテーション等、運営主体に関わらず横断的な個別的介護サービスに着眼し、介護サービスを新たなビジネスチャンスと捉え経営の多角化に向けた研究を進めています。制度や政策の変更に対応した情報収集を行い、医療機関及び福祉施設に向けた介護サービスに関するトピックスを迅速に提供。また、実地研修を交えた研修会の開催や高専賃開設のノウハウに関する書籍の発行、ツール開発など、介護サービス全般をカバーすべく研究活動を行っています。

▲このページの先頭へ戻る