< MMPGについて - お問い合せ >

ホーム > 開業サポート > 初出勤
 初出勤日は、先生もスタッフも不安と期待が一緒になった心境に違いありません。
 これから毎日ここで一緒に働くのですから、先ずはライフラインの確保です。
 下記に、一般的な初出勤日から開業までの作業を示します。
 また、初出勤日が雇用保険や健康保険の採用の日にあたりますので、加入の手続きを進めます。
 MMPG会員事務所は、初出勤から開業の日までに必要な諸々の準備の支援と準備に漏れがないことの確認をさせていただきます。
スタッフが初出勤した日から開業までの作業
初出勤の日 午前:スタッフ全員で、建物(鍵、自動ドア、窓の開閉等)と設備(電気、空調、給排水、電話等)の説明を業者から受けて、操作をマスターする。
午後:クリニック内の環境の整備を行う。(掃除用具、トイレ用品、休憩室台所用品等の買出し、掃除方法、当番の決定など)
2日目以降 2日目:1日かけて、チームワークの実習をする。
3日目以降(看護師):医療器械器具の操作方法のトレーニングと器具備品の収納整理、滅菌等
3日目以降(事務員):レセコン、電子カルテの操作トレーニングと事務用品の準備、収納整理等(レセコンのトレーニングに、医師が書いた模擬カルテ30枚ほどが必要となる。)