< MMPGについて - お問い合せ >

ホーム > 開業後サポート > 創患活動
創患のためのマーケティング活動
1.ポスティング
 医院周辺の住民に対し、その存在を知らしめるために直接パンフレット等の配布活動を行うことをいいます。医療法に抵触(広告規制、患者誘引行為)しないパンフレットの内容にしなければなりません。
2.拠点開拓
 ポスティングが一方的な情報提供に終わるのに対し、拠点開拓活動は地域におけるコアとも言うべき人物との会話の中で医院のPRを推し進めようとするものです。診療圏内における企業、商店、自治体等を回り、直接それらの責任者に対して医院の存在を知らしめる活動は地域密着型の医療サービスにあっては極めて有効なマーケティング活動と言えます。
3.ホームページ
 医療機関には広告規制がありますが、ホームページは規制の対象ではありません。そのため、ホームページは有効なコミュニケーションツールのひとつとも言えます。平成20年4月から本格スタートとなった医療機能情報公表制度ですが、これは都道府県が医療機関から情報を入手、それを都道府県のホームページで公表することにより、患者に対する医療機関の適切な選択を支援するということが目的です。厚生労働省が定めている公表項目のなかに、医療機関の案内用ホームページアドレスがありますので、充実したホームページは差別化の要因ともなります。